忍者ブログ

ランドセルの選び方 2018

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

CMでおなじみのランドセル

いまどきは、夏ごろまでにはすでに、
来春入学のためのランドセルのCMが流れていますよね

年がら年中ランドセルのCMを見かけます
ヒロミチお兄さんが子どもたちと踊ってるCMとかね

そんな、CMでおなじみのランドセルが、
いったいどんなランドセルなんでしょうね

一緒に見てみましょう

・ 天使のはね
・ 
フィットちゃん
・ 
イオンのかるすぽ
・ 
イトーヨーカ堂のランドセル

PR

黒川鞄工房のランドセル


黒川鞄工房


黒川鞄工房は、富山県にある創業100年(明治時代創業)の老舗中の 老舗鞄店です

黒川鞄のランドセルの特徴は、なんといっても、天然素材、手縫い、手づく り

その中でも、「TAKUMI no WAZA(匠の技)」シリーズにいたっては、
 
最高峰の素材と技術の駆使した、
  
完成度の 高いランドセルの芸術品と言っていいでしょう

 
内装まで天然革素材を使用しているので、湿気調節し内部の教材を保護してくれます
内装に天然素材を使用するには高度な技術が必要なんだそうですよ

サイズについては、他のシリーズにおいてもA4クリアファイルが入るサイズです 。

重量は、コードバンだと1200~1300g前後、
牛革だと1200g前後、
クラリーノだ と980g前後となっています。


匠の技シリーズとクラシックコードバン以外には持ち手が付いているので、
ロッ カーの出し入れなど扱いやすくていいと思います


池田屋のランドセル

池田屋カバン店

池田屋カバン店は、1950年創業の老舗の鞄屋さんです
最初はランドセルは製造しておらず、修理を請け負っていたそうです

さまざまなランドセルの修理を通じて故障しやすい箇所や素材のよしあしなど、独自のランドセル作りへの考えが固まっていき、オリジナルランドセルの製作をするに至ったというかばん屋さんです

だからか、池田屋カバン店のオリジナルブランド「ぴかちゃんランドセル」は、
   
とてもつくりがしっかりしていて、丈夫だと評判
です

 
伝統的な職人技で作られるランドセルで、少しずつ改良が重ねられています


池田屋カバン店
のランドセルのアピールポイントは、
   
1、防水に優れているところ

  防水牛革、防水クラリーノ、内装まで高性能防水設計
  なので、牛革であってもお手入れ簡単です

2、壊れても完全無料修理保証

  ランドセルに6年間保証が付いているのは今や当たり前かもしれませんが、
  池田屋カバン店については、故意の破損についても無料で修理してくれるんです
  (※機能上問題の無い汚れ・シワ・キズやいたずら書きなどによる部品交換はもちろんムリですよ~)


3、マチ幅12センチ+α の収納力

  A4クリアファイルが入る横幅22cmに加えて、マチも12cmと大容量になっています。
  そして、最大4センチまで広がる伸縮小マチが付いていて便利です
  子供は、なんでもかんでもランドセルに入れて、手ぶらで登下校したいそうです。

池田屋カバン店が目指すものは、”子ども思いのランドセル”です


鞄工房山本のランドセル


鞄工房山本は、1949年創業の、奈良県にある鞄製造会社です。

高品質な本革(牛革・コードバン)を使用し、
職人こだわりの技で丁寧に作 られたランドセルです

鞄工房山本のランドセルは大マチ12cm
標準(10~11cm)より広くできているにもかかわらず、
6年間使ってもほとんど型崩れしないのが魅力

それは改良を重ねたこだわりの芯材を使用しているからなんだそうです

そして、外から見える細部だけでなく見えない部分にまで手間ひまをかけ、
小さなパーツも丁寧な造りになっています 
  
10年間人気No.1を誇る、”アンティークブロンズマットタイプ” は、革を2枚重ねて、その側面のコバに革用ニスを丁寧に塗っています。
かぶせの側面から先端のベロと呼ばれる部分まで、すべて手塗りで、
重ね 塗りをして仕上げられています。

鞄工房山本のランドセルなら間違いありません


 ⇒ 鞄工房山本のランドセルはこちら!

ランドセルメーカーさん


ランドセルを作っているメーカーさんって、
意外にたくさんあるんですよね  

一体どのメーカーのものを選んでいいやら、
見れば見るほど途方にくれるってもんです

ちなみに、わが家が長男のために選んだランドセルナース鞄工

私が子供の頃使っていたランドセルは大隈カバン店でした。

どのメーカーさんにも、それぞれのこだわりがありますよね
総手縫いなんてメーカーさんもあり驚きました

ではまず、長男のために選んだナース鞄工さんから紹介していきましょうかね。

○ ナース鞄工

○ 鞄工房山本

○ 池田屋カバン店

○ 黒川鞄工房

○ ハネッセル

ランドセル購入の決め手

結局、以下の条件のランドセル探すことにしました

○ クラリーノ(丈夫で雨に強くなるべく軽いもの)
○ 上部に持ち手
○ 色:黒
○ 内側:無地
○ ワンタッチロック
○ A4対応
○ デザイン性


そこで目に留まったのが、キッズアミランドセル(ナース鞄工)でした。

楽天市場 で目にして一目惚れ
なんせ、わが家の掲げた条件をすべて満たしているのですから

randoseru1.JPGrandoseru2.JPGrandoserumochite.JPG






 
 


でも、価格の安さに驚き、大丈夫かなぁ・・・と不安になりました。
だって、14800円って

そこで、ナース鞄工についていろいろ調べてみると、
細部にわたって職人技が光る、縫製力の高いランドセルメーカー
だということがわかりました

ようやく安心し、ついに購入に至ったのでした




A4対応のランドセルとA4ファイル対応のランドセルの違い


ランドセルのサイズを見るときに、「A4対応」と書かれたものと、「A4ファイル対応」と書かれたものがあります。

「A4対応」ランドセルは、A4サイズのプリントや教科書が入るサイズをさしているんです。

「A4ファイル対応」ランドセルは、一回り大きく、A4のファイルも入る大きさになっています。

私は、A4ファイルが入ると思って「A4対応」を選んだのですが、
いざA4クリアファイル(幅22センチ)を入れてみたら入らなくてビックリ・・・。

ガーーーーーン

でも、後々聞いた話によると、古い小学校のロッカーだと、
A4ファイル対応のランドセルの幅を想定していないので、
ギュウギュウ押し込まないと入らない場合もあるんだそうです

また、小学校によってはA4のファイルを使わないところもあるそうです

なので、購入前に入学する小学校に問い合わせてみるといいかもしれません

クリアファイルであれば、ランドセルサイズのものが売っているので
そういったものを利用してもいいと思います



私は、市販のクリアファイルをカットして使おうと思っています

実は日ごろから私、自分のバッグのサイズに合わせて、
クリアファイルを使いやすい大きさにカットして使ってるんですよね(笑)

A4サイズのバインダーということになるとどうにもならないので、
手提げに入れさせるしかないのかな

A4サイズのクリアファイルが入るか入らないか・・・という点のみをめぐって悩むのであれば、

クリアファイルをランドセルの幅に合わせにいき、

気に入ったランドセルを買う方がいいのかなと思いました